格安オフィス家具・おしゃれオフィス

【2022年版】オフィス家具のプロが選ぶおしゃれなのに疲れない在宅ワークにピッタリのデスクチェア

オフィス家具のLOOKIT(ルキット) > コラム > オフィス家具のプロが選ぶおしゃれなのに疲れない在宅ワークにピッタリのデスクチェア

【2022年版】オフィス家具のプロが選ぶ!おしゃれなのに疲れない在宅ワークにピッタリのデスクチェア

在宅ワークって自宅にある椅子でいつまでも続けてて大丈夫?

在宅ワークやフリーランスでクラウドでのお仕事などご自宅で作業をされている方が増えていますがその作業環境は万全ですか?
寝ても体の疲れがとれない、頭痛が続く、腰痛に悩んでいる。そのお悩み作業環境を改善することで負担を軽減できるかもしれません。
ではその作業環境を大きく変えることができるのはデスクチェアです。
デスクチェアごとの特徴を踏まえてあなたにピッタリのデスクチェアをオフィス家具のプロがご紹介します。

疲れないデスクチェアに必要なポイント

長時間のデスクワークでも疲れにくいチェアには一般的なチェアと違い、素材や特殊な機能など体の負担を和らげるためのポイントが多数存在します。自分に合ったポイントをしっかりとおさえて快適なデスクワーク環境を整えましょう!

疲れにくいチェアによく使われる素材を3つピックアップ

体の形に合わせてフィットするモールドウレタン素材

密度が高くチェアの形に合わせて形成するモールドウレタンは体の形に合わせてフィットするので長時間座っているとチェアにダイレクトにかかる圧力を適正に分散し蓄積する疲労を緩やかにし負担を軽減してくれる素材です。

モールドウレタンは高い耐久性も兼ね備え、新幹線や自動車のシートにも採用されているので信頼性も高い素材です。

弾力と伸縮性に優れたエラストマーメッシュ

ゴムのような弾力でしっかりと体全体を支え、優れた伸縮性が体にフィットししなやかに体圧を分散してくれます。通気性もよく、年間通して疲れにくく快適にデスクワークが可能です。

チェアによっては太ももが当たる部分にのみモールドウレタンを使用し素材ごとの良さを掛け合わせることで、より快適な作業環境を実現しています。

コイルスプリングなどで肉厚なレザーチェア

高級ソファにも使われる「高反発ウレタン」や「シリコンフィル」、「コイルスプリング」などをレザーチェアの内部に使用することで肉厚で長時間の座位にもまるでソファでくつろいでいるかのような座り心地を実現します。

一言にレザーチェアと言っても中の構造やレザーの種類によっても疲れにくさに天と地ほどの差がありますので座り心地にもこだわるのであれば是非チェックいただきたいですね。

疲れにくいチェアに必要な機能の4つをご紹介

腰痛など腰への負担を軽減してくれるランバーサポート(腰当て)

腰痛でお悩みの方には、しっかりと正しい着座姿勢に導くチェアをお選びいただきたいです。
では、正しい姿勢とはどのようなものかというと、背中が丸まっておらず背骨がゆるやかなS字カーブを描いている姿勢が腰への負担が少ない状態だと言えます。
そのような姿勢を保つため腰に負担が掛からないように腰が当たる部分で体圧によりかかる負担を和らげ、自然とS字カーブをつくる効果を発揮するのがランバーサポートです。

形状は様々で、高さや角度、強さなどを調整できるタイプもあり座る人により腰の位置も違うのでしっかりと合わせて支えることが疲れないチェアには重要です。

肩の疲れを軽減するアームレスト

腕を置くアームレストなのになぜ腕ではなく肩の疲れを軽減するのか。
それは人間の腕が体重の15%〜20%程度の重量がありそれをアームレストにのせることで肩への負担を軽減させ、アームレストの素材によってはその体圧を分散するので肩こりや疲れの緩和につながります。

アームレストによっては高さ、角度、前後左右の調整が可能なので腕の長さ、デスクワーク時の癖などに合わせることができます。
体や癖に合った姿勢を維持することで疲れないチェアにより近づきます。

首や肩のコリの要因を減らすヘッドレスト

前傾姿勢で作業をする方には必要ないかと思われますが、適度な休息の際にも頭をヘッドレストに預けることは非常に重要で、頭の重量を支えている首の負担を軽減できるので疲れの要因を減らします。

しかし、ヘッドレストにも様々な形状があり固定式と可動式や大型、小型のサイズの違いなどがあります。身長にも合わせていただけるため可動式をお勧めしていますが、小型や大型のヘッドレストはフィットするサイズを見つけていただけたらと思います。

最適なリフレッシュに使いたいフットレスト

フットレストを使うことで小柄な女性で脚がつかない場合には脚がぶらぶらとさせるより太ももへの負担とむくみを防ぐことで疲れにくい姿勢に近づきます。

また、脚がしっかりと地面につく方でもフットレストに脚をのせることで後傾姿勢にすることができ太ももへの負担がかからず、しっかりと背中を預けることができるので自然と背骨をS字に導きやすいです。

疲れにくいチェアサイズの選び方

身長と背面高さの関係性

洋服にS、M、Lがあるようにデスクチェアにもローバック、ミドルバック、ハイバック、エクストラハイバックのような背面の高さがございます。

インテリアの観点で言うと、背面が高いほど圧迫感があり部屋が狭くなってしまうこともありますが身長の高い方が座る場合には背面も高さがないとしっかりと体を支えられず肩が浮いた状態にもなってしまいます。
長時間のデスクワークには疲れにくい背面の高さが高いものをお勧めします。
特に前述したようにヘッドレストがついたものが最適で、デスクワークによる疲れにくさと背面の高さには密接な関連性があります。

昇降機能の上下昇降高さ

「このチェアは上下昇降が〜cmできます」といったようなページのうたい文句をよく目にするかと思います。
しかし、大事なのは何cmから何cmまで対応が可能なのか、自分は何cmの高さが疲れにくく座れる高さなのかというところです。

座面が高く足裏がしっかりと床についていない状態では太ももに負荷がかかり、座面が低く座面から太ももが離れてしまっている場合にも疲れやすくなりベストな状態とは言えません。
そのため、身長に合った座面高さに対応したデスクチェアを選ぶか、一番低くしても脚がつかない場合には足置きを使うのも解決策のひとつです。

デスクチェアサイズと体の大きさの関係

一見似たようなデスクチェアでも座面の奥行と幅が大きく異なり、奥行きが大きすぎてチェアの背面に背中がしっかりと当たらないという場合もございます。

また、座面によって脚の形にフィットするような形になっていることもあるので体格の大きな方は座面も大きなタイプをお勧めします。

おしゃれなデスクチェアの特徴

お部屋のテイストに合わせやすい豊富なカラー

おしゃれなデスクチェアに欠かせないのはお部屋との調和です。
カラーがごちゃごちゃしているよりある程度トーンをお部屋に合わせてチェアを選ぶことも重要です。
そのため多くの選択肢からカラーを選ぶことができればお部屋に合ったカラーが見つかる可能性も高くなるのでカラーの選択肢は多いほどお勧めです。

お部屋を広く見せるコツ

デスクチェアはコンパクトなタイプでもある程度の大きさがあるのでお部屋の広さも必要になってきます。
しかし、無理に小さなお部屋に大きな背もたれのチェアを合わせてしまうとお部屋に圧迫感を与え狭く見えてしまいます。
疲れにくいデスクチェアにて背面の高いチェアをお勧めしましたが、お部屋との兼ね合いでマッチするチェアを探すことがベストです。

チェアの素材が部屋に与える印象

チェアの素材によって部屋に与える印象は大きく異なります。
メッシュチェアには通気性もよく、チェアの奥が透けて見えることで軽快さや空間を広く見せてもくれる効果があり爽やかな印象になります。
布張りのクッションタイプは布地がメッシュなどと比較し温かみのある印象を与え、女性にも人気の素材です。
レザー張りについてはエグゼクティブと呼ばれるような役員用にも使われ、重厚感や高級な印象を与えるので男性に需要が高い素材です。
それぞれの特徴を理解し部屋の印象に合った素材を選ぶことがおしゃれなチェアの第一歩です。

プロが選ぶおしゃれなのに本当に疲れないデスクチェアランキング

これまで紹介した情報を踏まえて、価格帯別にオフィス家具のプロが選ぶ本当に疲れないおしゃれなデスクチェアをご紹介しますので肩こりや腰痛などでお困りの方はデスクチェア購入の際に参考にしてくだされば幸いです。

1位

疲れない機能をとことん追及した究極のデスクチェア

可動する大型のヘッドレストや3Dの動きをする肘掛け、高さや強弱と角度を変更できるサンバーサポート、フットレストなど疲れないオフィスチェアとして前述した機能をふんだんに盛り込んだ究極のデスクチェア。
張地にもエラストマーメッシュを採用し体へのフィット感、体圧の適切な分散をしっかりとサポートしてくれます。
カラーも5色と豊富でどれも落ち着いた色味なのでどんな場所でも合わせやすいです。

素材機能コストデザイン

ユーザーレビュー

質感としては10万円以上する他の高級チェアーもいくつか試したことがありますが比較すると遜色ないクオリティだと思います。座ってみて感じたのはメッシュのフィット感が素晴らしい。程よく弾力があり初めは硬いかなと思いましたが使っていくうちに馴染んでこれが高級チェアかと実感しました。
求めていた機能から10万程度で探していましたがこれがベストと判断し、実物もベストだと思う商品でした。

2位

高級感漂うホワイトフレームと至福の座り心地のデスクチェア

ホワイトフレームと背面が特徴的なデザインで存在感抜群。
前述のように座り心地についても高級チェアに採用されている張地エラストマーメッシュを使っているので、体にフィットし疲れにくいチェアとなっています。
この高級感と座り心地が1万円台からは大変お得です。

素材機能コストデザイン

ユーザーレビュー

1万円台のチェアを長年使用していましたが、ボロボロになってきたので買い替えです。長年愛用していたこともあり様々比べて他店で試座した際にエラストマーメッシュの椅子が座り心地がよかったためそのメッシュを使っているものでコスパのよさそうなもの探していたところこの椅子を見つけ購入しました。想定通り座り心地がとても良く大変満足しています
在宅ワークで腰が痛くなって困っていましたが、この椅子だと腰が痛くないです。お尻も長時間座ってても痛くならないです。

3位

モールドウレタンが体圧を分散し疲れを軽減

前述のように新幹線や自動車にも使われるモールドウレタンを肉厚に採用し、体圧を適切に分散してくれるので長時間の作業でも疲れないと多くのお客様から高評価。
座面と背面がともに大型のため、体格の大きな方でもしっかりと支えてくれるので子供から大人の男性まで幅広く対応可能です。
カラーも5色と大変豊富でお部屋のテイストに合わせてお選びいただけます。

素材機能コストデザイン

ユーザーレビュー

コスパ◎の肉厚チェア
急遽の在宅ワークで長時間座っても身体が痛くならないデスクチェアを探していたところ、クッションの分厚さに惹かれてこちらの商品を購入しました。
今まで使っていた椅子とは全く違います。
硬過ぎず柔らか過ぎない座面なので、お尻と腰への負担が少なく疲れずらいと感じました。また、背もたれも肉厚なので背中と腰がホールドされ、リラックスして使えています。

4位

高級デスクチェアの代名詞。世界クラスの進化した座り心地。

okamura(オカムラ)製の長年多くの方に愛されている最上級デスクチェア。コンテッサセコンダ。
ボルトを外側から見せないよう設計されたスタイリッシュで高級感のあるフォルム。デザインだけでなくエラストマーメッシュの張地が強度と耐久性に大変優れているので長年使用し続けられるプロ仕様。
リクライニングやアームの高さなど操作レバーがアーム部分に集約されているので座ったまま調整が簡単に可能。ユーザーの使い勝手を究極まで考え抜いた世界クラスのデスクチェアです。
ご予算に余裕がある場合には検討したいデスクチェアです。

素材機能コストデザイン
△ 

ユーザーレビュー

長く快適に使って行けそうな素晴らしい椅子
職業柄、PC作業が非常に長く、そんな生活を10年以上も続けたことが原因か、腰痛や首痛に悩まされていました。
人づてにこちらのチェアがいいという情報を聞きまして、思い切ってこちらを購入してみました。
今まで使っていた椅子(5万円以上はする椅子)とはまったく違う座り心地に感動しました。固定ヘッドレストが首をいい感じで支えてくれるので、首の痛みもこれで和らいでくれそうな感じです。
不要チェア無料引取りが非常に助かりました。

5位

高級感あふれるデザインと豊富な機能でデスクワークをサポート

稼働するランバーサポートやフットレスト、ヘッドレストはもちろんですが、座面を前後に可動する機能がついていて前傾姿勢や後傾姿勢で長時間でも体勢を変えて最適な姿勢で作業が可能です。
アルミフレームをふんだんに使い高級感が漂う仕事のできる雰囲気があります。
こちらもエラストマーメッシュを張地に採用し、大変弾力があり耐久性に優れたデスクチェアです。

素材機能コストデザイン

ユーザーレビュー

エルゴヒューマンの椅子とあまり遜色はなく、お値段が半額で手に入るので、コスパは非常によく、お試しで購入する方におすすめです。
リクライニングや座面の調整ができ、快適に使用できます。オットマンもしっかりしています。
長時間座っていてもメッシュなので蒸れることもないです。この価格帯で、この座り心地であれば、十分満足です。
これからの、長期のリモートワークにも活躍できそうです。

6位

レザーチェアならではの高級感と重厚感。高級ソファのような座り心地。

前述したソファのような座り心地を実現したレザーチェア。
人によってレザーのチェアは長時間の作業には合わないという方もいらっしゃいますが、このデスクチェアは高反発のウレタン、コイルスプリングが内部に入っておりとても肉厚でレザーチェアでありながら弾力があり、部分によって硬さが違うので包み込まれるようなまるでソファでくつろいでいる感覚で作業が可能です。
レザーチェアは蒸れやすいというデメリットもありますが、こちらは一部にパンチングを施した張地になっており快適に座り続けられます。

素材機能コストデザイン

ユーザーレビュー

座り心地は車のようなクッション性のある感じで良いです。ドイツ車のシートに近い感じです。
想像していたより大きかったですが、その分ゆったり座れて快適でした。
リクライニングがもっときくとよかったです。
お値段以上に満足できる品です。

7位

もっと私のチェアになっていく。ユーザーに合わせてフィットするあなただけのチェアに。

okamura(オカムラ)製、不動の人気シリーズ シルフィー。
その心地よさの秘密は人がそれぞれ腰回りの形状に大きな個人差があることに着目し全ての人が体と背もたれのフィット感を向上させられるように背面の両サイドのレバーで背面のカーブを緩やかにしたり狭いカーブにしたりと調整がきくようにされています。
そのため、前述した疲れないデスクチェアの要件である背面とのフィット感も人それぞれに合わせて調整ができるようになっています。

素材機能コストデザイン

ユーザーレビュー

体が楽になったと感じました。すごく気に入ってます。リクライニング最高!長時間座っても全く腰が痛くならないです。
いろんな調整ができるので、自分に合った座り心地を保てます。
カラバリやカスタマイズが豊富で、自分の好きな色の組み合わせを選べてよかったです。
久しぶりに会社に行くと、自宅の方がおしゃれだよなぁと椅子の前で感じました。お安い商品ではないので迷いましたが買ってよかったです!

8位

人を惹きつける美しいホワイトフレームとアルミニウムのコントラスト

座面の前後スライドやアームレストの調整が詳細に行えるので自分好みの調整が可能。
一番の特徴は後ろから見た際のホワイトフレームと美しいラインがおしゃれな雰囲気を出しています。
張地のメッシュも5色の展開で他にはないカラーリングが魅力。
人と被りたくない自分だけのデスクチェアをお探しの方には是非。

素材機能コストデザイン

ユーザーレビュー

シンプルモダンなデザインで、腰も楽になり満足です。
座面・シートバックともに固めのしっかりしている印象でサイズは思いのほか大きく、座面は幅広、ヘッドレストがなくても人によっては頭までカバーできそうです。
この椅子に変えてから、テレワークが格段に快適になりました。

9位

セパレート式のランバーサポートが体の癖に合わせて左右調整

座面の張地が2層構造になっていて表面はサラッとしたポリエステルのメッシュ、裏面に伸縮性があり体圧を分散してくれるエラストマーメッシュのハイブリッド構造になっているので快適で疲れない構造になっています。
また、背面に施されたセパレート式ランバーサポートが張地の上下位置をそれぞれ調整しユーザーの癖や体の違いに合わせてくれます。

素材機能コストデザイン

ユーザーレビュー

大変使いやすく満足しています。
組み立ても簡単ですぐに使えたので早速腰のレバーを調整して自分に合う場所を探しています。
今まで座っていた椅子より全然快適なので購入して正解でした。

10位

可動式のランバーサポートと背中のクッションがしっかりとサポート

体格や使用する環境に合わせてミドルバックとハイバックの背面、肘も固定肘と可動肘のバリエーションがあるのが魅力です。
ランバーサポートは上下するので腰の位置に合わせやすく、背面と同じカラーなので見た目にもすっきり。
カラーはお部屋にも合わせやすい5色展開で、どれも落ち着いたオフィスにも自宅のスペースにもマッチする色味です。

素材機能コストデザイン

ユーザーレビュー

リモートワークが続いており、腰痛が続いているので長時間座っていても疲れないイスに買い替えようと、選択しました。
実際に使用してみると座り心地も良く、ハイバックの背もたれも十分にあり、長時間座っていても腰が楽で疲れた時は背もたれが身体全体を支えてくれるので、大満足です。
購入して良かったと思っています。

これまで多くの疲れないチェアを価格別でご紹介させていただきましたが、上記以外にも少し変わった独特な機能でデスクワークをサポートするデスクチェアをご紹介します。

人間工学に基づき開発された3Dの動き

特徴的な背面形状で左右が独立して背中にフィットするので背中を手で支えられているかのような細やかな動きに対応します。
左右の間が空いているので脊柱を圧迫せず腰痛でお悩みの方に優しい設計に。
全て人間工学に基づいた形となっていて腰への負担は最大約30kg程度軽減してくれるので、デザインは独特ですが在宅ワークで疲れている方や腰痛でお悩みの方には是非一度試していただきたいデスクチェアです。


半立位姿勢が疲れにくく、効率的な作業に

特徴的な背面形状で左右が独立して背中にフィットするので背中を手で支えられているかのような細やかな動きに対応します。
左右の間が空いているので脊柱を圧迫せず腰痛でお悩みの方に優しい設計に。
全て人間工学に基づいた形となっていて腰への負担は最大約30kg程度軽減してくれるので、デザインは独特ですが在宅ワークで疲れている方や腰痛でお悩みの方には是非一度試していただきたいデスクチェアです。


正しい姿勢に矯正し腰痛を改善

14段階のギアで体に合わせて角度や姿勢を変えることができ、自然と正しい姿勢に導き背筋が伸び背骨が綺麗なS字になることで腰痛でお悩みの方にはその改善に役立ちます。
在宅での作業で寝ても疲れがとれないという方が寝つきと寝起きもよくなりすっきりしたというレビューもあり効果が見られているようです。
スタンダードなスツールとしての使い方や背もたれのように角度を変えてソファのようにも使えるので姿勢を変えて負担を軽減できるのも魅力です。
学童パッドを使えばお子様にも使用できるので子供のうちに姿勢を矯正しておきたいという方にもお勧めです。

まとめ

疲れにくいデスクチェアの条件で多くをご紹介させていただきましたが、まずは体に合ったデスクチェアを探すこと。
体に合っていないチェアを使い続けることで体に大きな負担が掛かり疲れが抜けにくい体になるだけでなく腰痛やむくみの要因にもなります。
デスクチェア以外にも快適なデスクワークのためにできることがありますので是非お試しください。

  • 長時間の作業であれば適度な時間で姿勢を変えたり体操や軽い運動をする。
  • デスクチェアが合わない場合には足置きで足が浮くのを防いだり、ランバーサポートを後付けで設置する。
  • スタンディングができる昇降デスクを用意する。
他にも腰痛や疲れない工夫があるので別の記事でも紹介させていただきたいと思います。

×

お知らせ