オフィス家具・インテリア家具の総合通販

検索
防災アイテム特集 防災アイテム特集

いざという時の備えについて

災害とは自然現象(地震など)や人為的(戦災)をさします。
一般的に食料、水、現金、保険証などを持ち出し袋に入れておき、
いつでも取り出せる環境に保管しておく必要があります。
ただし、災害は自然現象だけではありません。人為的な災害への対応も必要となります。
様々な災害で命を守るためにはいざという時に問題なく使えることと長期保管が可能なものが必要となります。
当店では様々な場面を事例に備えをご紹介致します。

LOOKITでは場面を事例に備えをご紹介します! LOOKITでは場面を事例に備えをご紹介します!

9月1日は防災の日です

台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するためとして、1960年(昭和35年)に制定されました。
また、1982(昭和57年)からは、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日から9月5日まで)が「防災週間」と定められています。
9月1日という日付は、1923年(大正12年)9月1日に発生した『関東大震災』に由来しています。

  • 火災
  • 水害
  • 自宅防災
  • 避難所グッズ

災害時の火災から大切なものを守る

  • 火災

  • 火災で燃えてしまう前に

    災害時はコンロやストーブが原因で火災が発生してしまう場合があります。火災が発生した場合は避難する以外、個人で出来ることはあまりありません。
    また、避難後に重要になってくるのが、本人確認ができる書類です。これが燃えてしまうと口座にお金が入っていてもすぐには引き出すことができません。
    大切なもの(現金、身分証、登記簿謄本など)が燃えてしまわないためにも事前の準備が必要です。

危険ボーダー

災害時の水害から大切なものを守る

  • 水害

  • 大切な情報が入ったデジタルメディア

    デジタルメディアの保管も重要となります。 クラウドを利用したバックアップが増えてきておりますが、ネットワーク上に保管したくない情報はUSBやCD、DVDなどのデジタルメディアでの保管となります。
    しかし、クラウドと異なり自己管理が大切となります。
    災害というリスクから情報を守るためには火災や水害が発生した場合も想定し、管理する必要があります。

危険ボーダー

自宅に備えておきたい

  • 自宅

  • 災害時はどのようなけがをしてしまうのか

    災害では家具の転倒、落下が原因のけがが代表的です。
    またガラスの飛散によるけがもあります、災害時は家具とガラスによるけがが大半を占めております。
    災害時のけがの例は出血、打撲、やけど、骨折などです。
    自宅での備えは家具から身を守り、万が一のけがにも対処できるように備えておくことが必要となります。

危険ボーダー
×

お知らせ